アーカイブ : 2015年 10月

<PYNレコ発”眠りたくない子供のための音楽会”>



PNY(ヤンピタール/吉田達也/ナスノミツル)


ARCANA(鬼怒無月/山下洋平/上野英里)


ユカキラ(藤野由佳/吉良知彦)

「眠りたくない子供のための音楽会」というステキなタイトルのついた、ヤンピタール氏、吉田達也氏、ナスノミツル氏によるPYNのCD発売記念のイベントです。共演は、ARCANAとユカキラ。

【出演】
●PNY(ヤンピタール/吉田達也/ナスノミツル)
●ARCANA(鬼怒無月/山下洋平/上野英里)
●ユカキラ(藤野由佳/吉良知彦)

OPEN 19:00 / START 19:30
adv¥2,800 /door¥3,300 (+1drink order)

【チケット】

※グッドマン店頭でも販売中!

ビイドロ presents <Ice Age Dancing>


ビイドロ


アナログフィッシュ


てあしくちびる

ビイドロが五年ぶりに打ち出す自主企画新シリーズ”Ice Age Dancing“
初回はアナログフィッシュとてあしくちびるを迎えてスリーマンで行います!

【出演】
ビイドロ
アナログフィッシュ
てあしくちびる

開場 19:00/開演19:30
前売 ¥2,800/当日¥3,300(+1drink)

【チケット販売】
イープラス 8月16日
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002166259P0030001
店頭前売り 8月16日 16:00~
グッドマンメール予約

*入場順は整列順となります。

ビイドロ
2000年から活動を開始したロックバンド。Gt/Voの青柳崇を中心にメンバーチェンジを繰り返し、
2009年に青柳、伊藤、遠藤のスリーピース編成が固まる。
異常なまでに完成された珠玉のポップスをステージで表現し続け、
自主制作をふくめ、これまでに12枚の音源をリリース。
その圧倒的な完成度で多くの音楽ラバーを虜にしてきた。
しかし、2010年に突然の活動休止を宣言。惜しまれつつも休止期間に入る。
その後、青柳、伊藤は新たなバンド「はなし」でお囃子ダブロックという新ジャンルを確立。
そんな中、ビイドロの活動を休止してから録音された名曲11曲が収録されたアルバム
「またあしたね」を2013年、音楽Podcast番組radioDTMとともにリリース。
それに反応したExT Recordingsより7インチアナログ盤「くじらの半回転」もリリース。
そして、2013年末正式に活動再開。2014年には初のワンマンライブを行う。
2015年4月にはExT Recordingsよりニューアルバム「ひろばとことば」をリリース。
Official WEB→ http://biidoro.blogspot.jp/

アナログフィッシュ
3ピースにして、2ヴォーカル+1コーラス。
唯一無比のハーモニーを響かせる、希代のロックバンド。
vo,gtr 下岡晃の世に問う社会的なリリックと、
vo,bass 佐々木健太郎の熱々な人間賛歌が、見事に交差する楽曲群と、
drs,cho 斉藤州一郎のしなやかかつファットなプレイに、やられっぱなしの諸氏多し。
Official WEB→ Analogfish.com

てあしくちびる
バイオリン×アコースティックギター×声×声
2ピースカーニバルバンド「てあしくちびる」
hiphopの肉体性と、現代詩の意欲と、童謡の親しみやすさを併せ持つ。
地方都市の閉塞感をぶった切るエッジの効いた言葉・ビート。
変則編成から練り出されるアンサンブルと、
独自のグルーヴがクセになる不協和音をまとい、
ラップと歌の境界を突っ走る。

doubtmusic 10th anniversary<ダウトミュージック本祭り4デイズ!!!1日目>


日本のアンダーグラウンド・シーンを支え続けて来ている老舗レーベル”doubt music”の10周年を祝う記念イベントのグッドマン編の一日目。とにかくダウトミュージックに縁とゆかりのあるミュージシャンが一堂に会しての超お祭りイベントです!是非、2日間通し券をゲットしてダウトミュージックの世界を堪能してください。

【出演】
ONJT(大友良英、水谷浩章、芳垣安洋)feat.山本精一
●ドラびでお+mn(T.美川+沼田順)+若林美保
●アルタード・ステイツ(内橋和久、ナスノミツル、芳垣安洋)

OPEN 19:00 / START 19:30
adv¥3,000 /door¥3,500 (+1drink order)
2日間通し券(前売りのみ):¥5,000(+各日 1drink order)

【チケット】

2日間通し券はこちら↓

※グッドマン店頭でも販売中!

doubtmusic 10th anniversary<ダウトミュージック本祭り4デイズ!!!2日目>


日本のアンダーグラウンド・シーンを支え続けて来ている老舗レーベル”doubt music”の10周年を祝う記念イベントのグッドマン編のこちらは二日目。さて、二日目も祭りは続きます!前日に引き続きガッツリダウトワールドへのめり込んで行って下さい!

【出演】
sim
●SaxophoneDaxophone(内橋和久+広瀬淳二)
●Fallopian Disco Force

OPEN 19:00 / START 19:30
adv¥2,500 /door¥3,000 (+1drink order)
2日間通し券(前売りのみ):¥5,000(+各日 1drink order)

【チケット】

2日間通し券はこちら↓

※グッドマン店頭でも販売中!

<「パーティー51」上映&ライブツアー>

※クラブグッドマンでの映画の上映はありません。ライブのみの公演となります。


ソウルを拠点に活動する、韓国の代表的なインディー音楽家たちが出演するドキュメンタリー映画『Party 51』の上映と、そこに出演している音楽家たちが来日してライブを行うツアーのクラブグッドマン編です。日本の先鋭的なノイズミュージシャンとの共演もあり、今のリアルな韓国のアンダーグラウンド・ミュージックに生で触れるチャンスです。

【出演】
●パク・ダハム+川口貴大
●大城真+bikki+康勝栄
●バムソム海賊団
●ハ・ホンジン
●koharu vs attc
●Yousuke Fuyama
●七尾旅人

OPEN 18:30 / START 19:00
adv¥2,000 /door¥2,500 (+1drink order)

【チケット】

※グッドマン店頭でも販売中!

IKEBE × T’s Guitars Presents “MintJam ワンマンライブ 【Guilty】”

じっくり浸れるボリュームのワンマンライブに加え、
なんとMintJam初となる リハーサル観覧チケットが発行されます。
リハーサルと本番両方に参加すれば、10月10日はMintJam三昧に!!

インターネットを駆使した音楽活動の黎明期から、
孤高の存在感を放ち続けるロック・ユニット MintJam!

ギタリスト a2c氏は T’s Guitars からシグネイチャー・モデルを発表し、
益々磨きのかかるプレーを見逃すな!

※チケットは下記リンクよりお求め頂けますが、
 公開リハーサルと本公演は各々別のチケットが必要です。

—————————————————————
◆公開リハーサル

OPEN 13:30 / START 13:45
adv ¥2,000 /door ¥2,000
*限定100名様

【チケット販売】
イープラス 2015年8月29日(土)~
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002165585P0030001

—————————————————————-

—————————————————————
◆本公演

OPEN 17:30 / START 18:00
adv ¥3,500 /door ¥3,500 (+1drink order)
*限定150名様

【チケット販売】
イープラス 2015年8月29日(土)~
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002165588P0030001

—————————————————————

●事前に前売り券が完売した場合は当日券の販売はございませんので、何卒ご了承くださいませ。

●公開リハーサル終了(15:30前後を予定)後、
一度会場をクローズします。この際、物販を行いますが、
今回の物販は完全終演(20時前後)の後にも
十分な時間を設けておりますので、お帰りが急ぎでなければ
終演後の物販をご利用頂いたほうが、本番中の手荷物が少なく済みます。
今回は全品目、数に余裕をもって持ち込みますので
急いで並んで頂かなくても完売してしまう心配はありません。
また終演後は、物販を購入されない方も含めなるだけスムーズに
会場を出られるようスタッフが誘導しますので、スタッフの指示に従って下さい。

☆当日の諸注意と物販リストはコチラ→http://www.mintjam.net/mj/live2015/

Guitars Station presents <達人たちの宴>


Strange,Beautiful and Loud


Tsuru and The SisterRay

【出演】
Strange,Beautiful and Loud
[三宅庸介:stratocaster / 山本征史:bass / 金光健司:drums]

Tsuru and The SisterRay
[大西ツル:guitar ,vocal / 海保竜平:bass / 川辺サイヤ:drums]

Opening Act:Hip-de-dip

OPEN 18:00 / START 19:00
adv ¥3,000 /door ¥3,500 (+1drink order)

Guitars Station presents 達人たちの宴

身体と心で感動する、極上ライブをご提案致します。

音楽の醍醐味を感じるには何と言ってもライブが最適です。
ギターズステーションでは今回、当店の商品紹介動画でもお馴染みの
音の達人たちを集めての宴(ライブ)をお届けいたします。

記念すべき第1回は、Terra Rosa でデビュー、現在は自身のバンドで活動し、
ギターズステーションの凄腕デモ演奏動画で、美しくラウドなサウンド、

圧倒的な素晴らしいギタープレイでお馴染みのギタリスト、
”ストラト・マスター”三宅庸介氏が率いるStrange,Beautiful and Loudと、
花田裕之氏(The Roosterz)を中心とするband HANADAやMagnolia、
中西俊夫氏(ex.PLASTICS.MELON)とのユニット、Plastic Sex等の活動でも知られ、
ギターズステーションの新たな動画 “目利きのエフェクツ”での
インスピレーション溢れるデモ演奏が好評のギタリスト、大西ツル氏が率いる、
Tsuru and The SisterRayをお招きして、
達人お二人が奏でる極上ライブをご用意致しました。

名付けて”達人たちの宴(ライブ)”
秋葉原CLUB GOODMAN 10月12日(月/祝)にて開催です。

オープニングアクトにはギターズステーションのスタッフ、向井が所属するロックバンド、
Hip-de-Dipが努めさせて頂きます。

ライブにおいての良い音の出し方をお悩みの方々、このライブは絶対の必見/必聴です。

達人たちが繰り広げる極上サウンドの宴(ライブ)を是非、ご確認下さい。

高品格//TAKASHINAKAKU〜1st full CD”ELECTRIPERS” release party #.1 〜電撃的TOKIO編


高品格//TAKASHINAKAKU 1st CD
“ELECTRIPERS” 全9曲入
(Nasca Car RECORDINGS.NCR-003)
10.17秋葉原グッドマンより発売‼
10.28より店頭発売。

高品格//TAKASHINAKAKU 1st FULL ALBUM”ELECTRIPERS(エレクトリッズパーズ)”の記念すべきリリースパーティーが電撃的TOKIO千代田区@秋葉原クラブグッドマンで2015.10.17の土曜の夜に賑賑しくおこなわれる、本当にありがたいことに今回の出演者には”ELECTRIPERS”のCD制作に関わっていただいた皆様がほとんど出演している、発売レーベルNASCA CAR RECORDINGSのビッグボスマン:NASCA CAR中屋氏が大阪から、RECORDING&MIXING ENGINERの須藤俊明氏(つばめスタジオ)はやはりNASCA CARのメンバーとして、DJを引き受けくれた永田一直氏(和ラダイスガラージ)はマスタリングを、そしてCDのアートワークを手掛けてくれたMIZUHIRO氏(BUCHIKAMASHI from GINJOHA,Hi-SPEED)がソロで…、CDの制作においてバンドと同等に彼らの力が充満していると思う…当日は是非盤を手に取っていただき出来れば御購入いただいてバンドの演奏以上に(同じ位にです…)このCDの音の質感やアートワークを堪能していただきたいと思っております、あとはボーカルの私の独り言ではありますがライブでは極度にエフェクトをかけている関係で聴きとりにくい歌詞も全て掲載しておりますので御一読しながら御拝聴していただけるとなによりでございます。
当日はチャンキーでキテレツなENERGISH GOLFと我がKIRIHITOも友情出演(!!)ということでお楽しみに…先着でお客様にもOMIYAGEも有りますので此方も御期待下さいのお見逃し無く!!! 10.17は秋葉原グッドマンが最高!! 高品格のレコ発で決まりさ!!

文責:cobheysay(高品格//TAKASHINAKAKU)


高品格
高品格//TAKASHINAKAKUは KIRIHITOのDr:早川cobheysayがハンドソニックシンセ(Roland HPD15)との出逢いによりかねてから構想していた80sテクノポップ&NEW WAVEを基調にした所謂テクナギャンバルドなロックンロールバンドである、2008年頃よりライブを始め幾多のメンバーチェンジの後2014年より現メンバーに落ち着く、セルフ録音でCDRを発表していたが今回噂のレーベル”ナスカカーレコーディングス”より現レパートリーの集大成的な内容である1st full album”ELECTRIPERS”を発表‼
ELECTRIPERS(電気迷走類とでも訳して頂ければ幸いでございます)

高品格//TAKASHINAKAKU are

HAYAKAWA cobheysay(vocal&crazy hand sonicer!!!:Roland HPD15)

HAYAKAWA MOMO(keyboard&synthesizer)

PAKIO(bass&chorus)

SANSHIRO(guitar)


ナスカ・カー+MANDOG
マニ・ノイマイヤー、ダモ鈴木らのジャーマン・ロック勢から「日本の催眠音師」と称されるトランス/グルーヴを生む唯一無二のギタープレイを誇るギタリスト・宮下敬一のソロの名称であり宮下を中心とするグループでもあるMANDOGと、結成22年目に突入し、『機械と人力との合体』を相も変わらず続ける、この道の先駆者的存在ナスカ・カーが特別合体!東京メンバー総動員による特別な趣向を交えた演奏を行う予定
ナスカ・カーWebsite http://www.nascacar1994.com/
Mandog Website https://guitarbohemian.wordpress.com/


ENERGISH GOLF
ザ・風流。エキゾにニューウェーブにグルービンに迫る! 「西新宿のフランク・ザッパ」とも称される、「ふくろ」の旧メンバーを中心としたELECTRIBE(EA-1)使い、G、B、Drの脱藩男4人組。2010年結成。7インチ『ICHINOKURA EP』(円盤)、CD『SIDE BUSINESS』(鳥獣虫魚)。


BUCHIKAMASHI(MIZUHIRO from Hi-speed,Ginjoha)
雑誌「ムー」や「ラジオ無線」の熱烈な読者だという沖縄在住のニート・チャネラー、斑釜 神(ぶちかま しん)と、アニメーション作家としても活動するミズヒロによるニューエイジ・ミュージック・プロジェクト。2010年の夏、ひょんな事から二人の交信が始まり、斑釜による丹波哲郎をはじめとする著名な故人らとのチャネリングを展開させたグラフィックスコアをもとに、それをミズヒロが具現化するという手法で、国内はもとよりアメリカやヨーロッパ諸国のレーベルからこまめに作品を発表しています。


KIRIHITO
竹久圏(ギター,ボーカル,足踏みシンセ)、早川俊介(スタンディングドラム)による奇跡のロック・デュオ。独特の音色でギターを鳴らしながら足でシンセを弾き、歌う竹久と、スタンディング・スタイルでドラムを叩く早川の二人が奏でる、ポップでダンサブルでありながらもキテレツかつ凶暴なその音楽はまさにワン&オンリー。結成以来、その存在感は色褪せることなく、あらゆるジャンルのファン層やミュージシャンからの支持を受け続けている。その唯一無比のサウンドとライブパフォーマンスは海外での評価も高く、現在までにアメリカ~ヨーロッパでのツアーも成功させてきている。竹久圏はソロ活動の他に、パンク、ロック、クラブシーンの重要人物で結成された”younGSounds”やインストバンド”GROUP”のメンバーでもあり、最近では田我流バンドにも参加している。早川俊介もソロ活動の他、テクノポップバンド”高品格”やハードパンクバンド”THE★豚ーリン”で活動中。


DJ:永田一直(和ラダイスガラージ)
DJ、電子音楽家。1988年頃より活動を始める。純国産ダンスミュージック・パーティー”和ラダイスガラージ”及びDE DE MOUSE、CHERRYBOY FUNCTIONを輩出したテクノ・エレクトロレーベル”ExT Recordings”主宰。電子音楽家としても様々な即興演奏、セッションを行ってきた。これまでにマイナー歌謡曲を中心としたDJ MIXシリーズ『永田一直の世界』(1997年~)、『永田一直の和製レガエとダブ』(2011年/HONCHO SOUND)『和ラダイスガラージ』(2013年~)などをリリース、異例のロングセラーとなっている。2015年1月には『和ラダイスガラージ BOOK for DJ』を刊行。近年は和ラダイスガラージでのDJをメインにし、更に独自な活動を行っている。

高品格//TAKASHINAKAKU
〜1st full CD”ELECTRIPERS” release party #.1 〜電撃的TOKIO編

出演:
高品格//TAKASHINAKAKU
ENERGISH GOLF
BUCHIKAMASHI(MIZUHIRO from Hi-speed,Ginjoha)
ナスカ・カー+MANDOG
KIRIHITO

DJ:永田一直(和ラダイスガラージ)

open.18:00/start.18:30
前売¥2200/当日¥2500 (D別+¥500)

先着特典有‼

<東京フレンドパーク>

「5年後、またこの4バンドで集まろうよ。みんなどうなってるかわかんねーけどさ。アリーナか、ライブハウスか、大学のスタジオか…」2010年の夏、愛憎入り乱れた男女は固い約束を交わし、そしてそれを果たす時がきたのだった。
本当の友達は馴れ合いでなく激しくぶつかり合い高めあっていくもの…。
時に華やかな幻想を見せ、時に厳しい現実をつきつける街・高田馬場と基本的に何もない街・保土ヶ谷で青春を過ごした4バンドの最後の戦いが始まる。


CARPOOL
とびきりポップでエヴァーグリーンな疾走モラトリアムギターロックバンド。ブーラドリーズの快作「ウェイクアップ」、或いはロケットシップの「ある微笑み…」のようなリスナーを多幸感で包み込む名盤「ゴールデンサマー」はいつまでも色褪せない青春の1枚。よく練り込まれたコーラスワークも素晴らしい。フロントマンの嵯峨山は笑顔が意外とかわいい。もっとライブをしろ。


Emily likes tennis
「保土ヶ谷のマーズヴォルタ」の異名で呼ばれることも稀にあるコラージュ系プログレバンド。幾多のメンバーチェンジを乗り越え常に獰猛なテンションでリフをこれでもかと無駄遣いし箸にも棒にもかからないまま駆け抜ける。ボーカル津坂(二代目地獄の魔術師)の段ボール工作とホームページの無駄にリリシズムとセンチメント溢れるバイオグラフィーは各方面から高い評価を得ている。


micann
結成3ヶ月でサマソニに出たかつてのアンファンテリブルも今や25歳。円熟味すら出てきたバンドのオーラとコンポーザーであるキヨマルのソングライティング能力の高さは目を見張るものがある。彼らのように毒やアイロニーも引っ括めて極めて純度の高いポップネスに昇華させるバンドはそうそういない。友達も多くハンドメイド感にこだわったグッズも非常にお洒落である。


トリプルファイヤー
もはや説明不要。飛ぶ鳥を落とす勢いで快進撃を続ける「高田馬場のジョイ・ディヴィジョン」ことトリプルファイヤー。新作「エピタフ」ではボーカル吉田の地上波での活躍やラジオで興味を持ったリスナーを試すかのような狂気のミニマルミュージックを展開。早くも2015年のベストアルバムとの呼び声高い。おまけにタワレコメンに選出されたのでおいそれと話しかけづらい存在に。
11月の渋谷クラブクアトロでのワンマンでオルタナの歴史は変わるかも知れない。

【出演】
CARPOOL
Emily likes tennis
micann
トリプルファイヤー

OPEN 18:00 / START 19:00
adv¥2,200 /door¥2,500 (+1drink order)

【チケット】

※グッドマン店頭でも販売中!

<非常階段ソロ・2days-1日目/JUNKO&T.美川ソロ1hour~>



JUNKO(非常階段)


T.美川(非常階段)

10月24日(土)25(日)の2日にわけて行われる「非常階段」のメンバーによるソロイベント。一日目はJUNKOソロ・1 時間以上、T.美川ソロ・1 時間以上という大マジな企画!JUNKOさんのソロ1時間は日本国内初という事で、そうとうプレミアムな内容になりそうです。皆様、是非ご期待下さい!!!!!

【出演】
JUNKOソロ・1hour~
T.美川ソロ・1hour~

OPEN 18:30 / START 19:00
adv¥2,000 /door¥2,300 (+1drink order)

【チケット】

非常階段ソロ JUNKOソロ1hour・T.美川ソロ1hour
※グッドマン店頭でも販売中!

<非常階段ソロ・2days-2日目/JOJO広重ギターソロアルバム「little something」発売記念>



JOJO広重(非常階段)

10月24日(土)25(日)の2日にわけて行われる「非常階段」のメンバーによるソロイベント。二日目はJOJOさんの最新ギターソロアルバム「little somthing」の発売記念を兼ねて行われるJOJO広重ソロ・2hour~!!JOJOさんの情念の歌とギターノイズを2時間以上!是非、前日のJUNKO&T.美川ソロと併せてお楽しみ下さい!!!

【出演】
JOJO広重ソロ・2hour~

OPEN 18:30 / START 19:00
adv¥2,000 /door¥2,300 (+1drink order)

【チケット】

非常階段ソロ・2days~2日目~
※グッドマン店頭でも販売中!