アーカイブ : 2016年 2月

<MOST PARTY>



ドラびでお


PUNKBOI


penaquonpe(KOVACS+KJ-K!yooshi Japan)


るるる菌

2月最初の”MOST PARTY”は、ドラびでお×PUNKBOI対決!!!!!!
そして、この対決に参戦するのは、今春のS×S×Wにも出演が決まっているプチミット、mittenのKOVACSがex:boAt、music from the marsの坂井キヨオシ(a.k.a KJ-K!yooshi Japan)と組んだテクノユニット”panaquonpe”と、ニーハオ!の新メンバーとしての新たなフィールドも拡げている話題のソロアーティスト”るるる菌”!!!!
月曜日ですが、面白い事になりました。

【出演】
ドラびでお
PUNKBOI
penaquonpe(KOVACS+KJ-K!yooshi Japan)
るるる菌

開場/開演 19:00 / 19:30
前売/当日 ¥1,800 / ¥2,000

【チケット販売】
クラブグッドマン店頭にて販売中!

【メール予約】

<our style>



ダンカンバカヤロー!


ビニールハウス5


カリギュラは気まぐれ


GOGATECH


田島ハルコ

【出演】
ダンカンバカヤロー!
ビニールハウス5
カリギュラは気まぐれ
GOGATECH
田島ハルコ

開場/開演 18:30 / 19:00
前売/当日 ¥1,800 / ¥2,000

【チケット販売】
クラブグッドマン店頭にて販売中!

【メール予約】

「ricca」& papalion 主催イベント <ジェット ジェネレーションズ Vol.4>

papalionと「ricca」の共謀イベント第二弾☆
共にホームラン系ボーカルと自由奔放なリズム隊。
必要なのはメロディーとグルーブだけ!ジェット!!噴出する音楽的開放感!


papalion


「ricca」


シャイガンティ


春風堂

【出演】
「ricca」
papalion
シャイガンティ
春風堂

[Food]きしぱん唐揚げ
[DJ]まっけん(春風堂)

OPEN 18:00 / START 18:30
adv ¥1,800 /door ¥TBA (+1drink order)

クラブグッドマンメールでのチケット予約ができます。

八坂沙織音楽会 ~SAORI’S MELODY3~

心に響く音楽をテーマにライブを行ってきた
サオメロの第3回公演であり、そして生誕記念イベントになります。
過去2回に渡り、ピアノ伴奏でのクラシカルなライブを行ってきましたが、
今回は誕生日スペシャルとして、日本のカルチャーであるアニメ文化に目を向け、
「アニメソング」を中心としたバンド形式でのライブを開催!!
幼少時代からミュージカルを親しみ、
青春時代はロックを聴いて育った八坂のロックな一面を初披露!!

“サオメロで立って騒いでペンライト振れるのは今回が初めて”
サオメロが好きな方、アニソンが好きな方、ロックが好きな方、
アツいライブが好きな方ぜひ御来場お待ちしております。

【OPEN/START】 18:00 / 18:30
【チケット代】 3,500円

※ご入場の際に、別途ドリンク代500円が必要になります。

※オールスタンディング

※整理番号順にご入場頂きます。

【チケット購入方法】

詳細が決まり次第お知らせ致します。

【サポート・バンドメンバー】

Gt. けん(ACROSSTHEBORDER)
Gt. じょん
Ba. 亜季(Sadie)
Key. 内山栞
Dr. 嶋村ひかり(abstracts)

<BIG SOUNDS Chronicle>



NEW FRONT SPARK


S/S/C


HUH


ふくろ

【出演】
NEW FRONT SPARK
S/S/C
HUH
ふくろ

開場/開演 18:30 / 19:00
前売/当日 ¥1,600 / ¥1,800

【チケット販売】
クラブグッドマン店頭にて販売中!

【メール予約】

<是巨人ワンマン>


ご存知!是巨人の2016年初のワンマン公演!!!
やっぱり是巨人はワンマンで長尺に堪能するのが一番。
今年も幸運な年であります様に是非ご来場ください。

【出演】
〇是巨人
鬼怒無月:g/ナスノミツル:b/吉田達也:dr)

開場/開演 19:00 / 19:30
前売/当日 ¥3,000 / ¥3,300

【チケット販売】
クラブグッドマン店頭にて販売中!

【メール予約】

<z/nz”NANKA FESTA”リリース・ツアー レコ発東京編>




z/nz(福岡)
2010年10月結成。三人組ベースレス、アヴァン、ポスト・パンクバンド。
事故的に作られた楽曲はフィードバックノイズと不協和音と変拍子を含み不穏かつダンサ­ブル。福岡市を中心に活動中。


TADZIO
リーダー(g,vo)と部長(ds,vo)から成る爆音ハードコア・ポップ・バンド、TADZIO(タッジオ)。
2010年に活動を開始。2011年、1stアルバム発売。ロック、メタル、ハードコア、ガレージ等々、さまざまな要素が 入り混じった独創的なオリジナル全11曲をすべて一発取り。ゆらゆら帝国やギターウルフなどを手掛けてきた中村宗一郎 (ピースミュージック)のマスタリングにより、凶暴でありながらも小気味よく、繰り返し聴きたくなるサウンドに仕上がっている。
UKのSPINE TVでの特集や、イタリアのFAR EAST FILM FESTIVALに出演など、海外のフォロワーも急増中。
今年3月、2ndアルバムをリリース。


Bossston Cruizing Mania
1993年結成。ピンボーカル、2ギターの5ピースバンド。わりかしシンプルなリズムとシンプルな楽器構成で不穏なんだけど意外とキャッチーな楽曲を演奏する。ポストパンク、ニューウェーブ、オルタナティブと言われる事が多々ある。今のところ特に問題なし。


VOGOS
東京発!今、もっとも勢いのある若手ファストコアバンド”VOGOS”!!!!!早くてうるさくて超絶カオス!
メンバーのキャラも良いので見てて楽しい。なんか擬音の様なバンド。
2015年、GEZANのレーベル「十三月の甲虫」よりファーストアルバム発表。


冷牟田敬
ギタリスト。Paradise,昆虫キッズなどのバンド活動を経て2015年に初のソロアルバム「noise myself」をリリース。本格的にソロ活動を始める。豊田道倫&mtvBANDのメンバーでもある。


hopi(the mornings+ミヤオヨウ)
2015年の3月から活動を止めているthe mornings。そのメンバーによる全く新しいユニット”hopi”。
thai kick murphのミヤオヨウを新メンバーとして、一体どんな音楽になっているのか。皆様、その最初の機会をどうかお見逃し無く。

福岡の”天然This Heat”、z/nz(ずっと謎)が”PANICSMILE”の吉田肇プロデュースによるハイパー不穏ファースト・アルバム「NANKA FESTA」を引っさげて、いよいよ東京に上陸します!ひさびさに福岡からバッキバキの超絶オルタナティブ・バンドが出現したという事で、東京レコ発は↓のヤバイ面子でサポート&お祝いします。おめでとうz/nz!大いに飲んで盛り上がろうじゃないか!!!まずは、z/nzのずっと謎たるゆえん!ゆるふわ不穏PVをお楽しみ下さい。

“NANKA FESTA”!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

【出演】
z/nz(福岡)
TADZIO
Bossston Cruizing Mania
VOGOS
冷牟田敬
hopi(the mornings+ミヤオヨウ)

開場/開演 18:00 / 18:30
前売/当日 ¥2,000 / ¥2,300

【チケット販売】
クラブグッドマン店頭にて販売中!

【メール予約】

<The Silence vs 大文字>





the Silence
1984に結成されシカゴのDrag City から9枚の作品を発表して30年の活動に終 止符を打った伝説的サイケデリックグループ Ghostの主要メンバー馬頭(ばと う)と荻野、80年代後半に大阪で結成されたヘヴィーロックバンドSubvert Blazeを率い90年代の Ghostにも在籍、現在は非常階段でも活動する大阪の超 絶技巧ドラマー岡野、バリトンサックスでBlack Sheep, SXQ などフリージャズ 畑を中心に幅広く活動する吉田、Jan and Naomi, Great 3で活動するヤンの5 人が集まってThe Silence は昨年夏に結成された。
ジャズ、ブルース、ロック、サイケデリック、アシッドフォークを混沌と織り交 ぜたThe Silence、時に幻想的かつキレキレなソロを聞かせ、後陣にはレスリー スピーカーを配した荻野のハモンドオルガンセットは一聴の価値あり、曲中で変 幻自在な変拍子かと思えば、重厚なハンマービートを延々と繰り出す岡野、ヤン の重厚なリズム隊。ソロに不向きと言われるバリトンサックスを自在に操りフ リーキーに暴れまくる吉田はフルートとの二刀流。馬頭は独自に調律した12弦ギターで霊妙な和音を響かせ、トレードマークのGibsonファイヤーバードで爆音ファズギターを轟かせる。全員がコーラスを取り、延々とインプロになだれ込んでは現世に帰還する様は真にアシッドワールド。ここに新しい日本のサイケデ リックバンドが登場した。
夏にヨーロッパ縦断ツアーを控えた彼らのライブを見逃すな。


大文字
ホッピー神山(kb,vo)、吉田達也(ds,vo)、ナスノミツル(b)による即興でプログ レを演奏するバンド。戸川純バンドのライブ時になかなか登場しない戸川にしびれを切らしたメンバーが即興でジャズロックの演奏を開始、そこから発展してホッピー・吉田・ナスノのトリオ形態でバンド名を「インプログレ(Improvisation x Progressive Rock)」として2002年より活動開始。翌年ファースト・アルバム『IMPROG』をリリースするにあたり、バンド名を「大文字」に改名。現在まで3枚のアルバムをリリースしている。強力なリズム隊の上にホッピー神山のエレピを中心とした多彩なキーボードワーク及び随所で入るアナログシンセの分厚いソロでアヴァンギャルド・プログレからシンフォニックまで行き来する。そして疾走するリズムの上にホッピー・吉田によるツイン・オペラ・ボーカルが炸裂する場面ではMAGMAをも彷彿とさせる。フリージャズやロック系インプロセッションはあっても、プログレに特化したインプロ・バンドはほとんど聞いたことがない新しい試みであり、音楽への刺激的な挑戦である。

The Silenceと大文字による超規格外2MAN LIVE決定!!!!!

【出演】
the Silence
Organ, E piano, Vo: 荻野和夫
Drums, Vo: 岡野太
Bass, Vo :ヤン・スティグター
B sax, Flute, Vo: 吉田隆一
Guitar, Vo : 馬頭將器

大文字
清水一登(kb,vo)
吉田達也(ds,vo)
ナスノミツル(b)
※大文字にて出演予定だったホッピー神山さんですが、悪天候による飛行機フライト不能の為出演キャンセルとなりました。ホッピーさんに代わりまして大文字には、ヒカシューのキーボーディスト清水一登さんに出演して頂きます。ご理解ご了承の程よろしくお願い致します。

OPEN 19:00 / START 19:30
adv ¥2500 /door ¥2500 (+1drink order)

【チケット】

※グッドマン店頭でも販売中!

<Ubiqutousユビクトス>



金子飛鳥(violin)

鬼怒無月(gt)

ヤヒロトモヒロ(per)

金子飛鳥さん、鬼怒無月さん、ヤヒロトモヒロさんによるUbiqutousユビクトス。
久しぶりのワンマン公演です。

【出演】
〇Ubiqutous
金子飛鳥:vn/鬼怒無月:g/ヤヒロトモヒロ:per)

開場/開演 19:00 / 19:30
前売/当日 ¥3,000 / ¥3,500

【チケット販売】
クラブグッドマン店頭にて販売中!

【メール予約】

<RUMBLING OF THE GROUND(屍物語)vol.2>


泯比沙子Nasca Car


泯比沙子
・1983年5月ー即興ノイズユニット T.S.Nのステージに飛び入り参加でデビュー。
T.S.N with特殊学級と名乗り福岡を賑わす。
・1983年8月ーライブ中に蝉を食べたことが地元の新聞に掲載され、目立ちすぎるとの理由で解雇。
・1985年4月ー泯比沙子withTENーNOとして初の東京ライブを渋谷東横劇場で行う。
・1985年5月ー泯比沙子withクリナメン結成。福岡ビブレホールで初ライブ。
・1985年9月ー都立家政スーパーロフトでのライブの模様が講談社フライデーに掲載。
・1985年末までは過激なライブパフォーマンスから「博多の狂乱娘」と称され多くのマスコミから取り上げられる。
・1986年6月-1stミニアルバム「LOVE&WAR」をキャプテンレコードよりリリース。全国各地で精力的にライブ活動を行う。
・1986年11月-イベント「子どもたちのcity」参加。
・1987年2月-オムニバス「子どもたちのcity」がアポロン音楽工業よりリリース。
・「子どもたちのcityツアー」に参加。
・1987年5月-シングル「世界によろしく」をナゴムレコードよりリリース。
・1987年11月-メジャー1st「猿の宝石」をアポロン音楽工業よりリリース。
・1988年3月-若すぎたという理由でプロモーション期間中に解散表明。新宿ロフトで解散ライブ。
・2001年5月-MIN13として福岡でライブ活動開始。
・2002年2月-活動休止。
・以降不定期でソロ活動。
・2012年9月-泯比沙子&島流しとして全て新曲で活動開始。
・現在休止中。
・2015年7月-非常階段featuring泯比沙子として新宿URGAでライブ。
・2015年11月-泯比沙子+Nasca Carとして自主企画イベント「RMBLING OF THE GRUND(屍物語)vol.1」(kito-mizukumi rouber、蛸地蔵)を東高円寺UFO CLUBで開催。
同時進行でDOMMUNE「泯比沙子の死んじゃったって愛してるって言ってくれ(屍物語)」生配信中。
・2016年2月-秋葉原GOODMANにて「RMBLING OF THE GRUND(屍物語)vol.2」開催予定。(よろしくお願いしまm(__)m)

Nasca Car
1994年大阪にて結成
1997年ファーストアルバム「電波潮流」発売
1999年セカンドアルバム「電子水母」発売
2002年サードアルバム「Nasca Car」発売。
2013年「最新録音盤」発売。他コンピレーション、リミックス多数。活動初期からディープ・パープル並のメンバーチェンジを延々繰り返しつつ未だ活動継続中。21世紀に入ってからはメンバーが東京在住メンバーと大阪在住メンバーが混在してしまったので、よりその実体がつかみにくいモノになっている。中心人物である中屋浩市は、アルケミーレコードの製作&販売スタッフとして、「非常階段」「初音階段」&「初音オーケン階段」「戸川階段』などその他の派生ユニットに参加して翌日も出演予定。今回も泯比沙子のサポートとしてナスカ・カー東京チーム(Gt:須藤俊明 Sax 長谷川マヒマヒDr 一色涼子)が絡むというスペシャル仕様です。

QP-CRAZY(殺害塩化ビニール)

QP-CRAZY(キューピークレイジー)は、ハイテクノロジースーサイド解散後にザ・クレイジーSKBを中心に組んだバンド。所属レーベルは殺害塩化ビニール。
1994年から活動開始。(中略)現在に至る。http://nikkan-spa.jp/776696
■DEADLY SCREAMER■
「ザ・クレイジーSKB」
■CAMOUFLAGE GUITAR■
「KURA」
■SNIPER GUITAR■
「MOTTY」
■WC BASS■
「ツージーQ」
■SEX PERVERT DRUMS■
「ダンディー*ムー」

MUSQIS

MUSQISは、マルチ・インストゥルメンタリスト野口英律のソロ活動から発展したトリッキーなアンサンブルを奏でる男女混合不定形のエクスペリメンタル・ロック・バンド。2009年頃から活動を始め、これまでに二宮友和(eastern youth)や、ダモ鈴木(ex-CAN)、映像作家の中山晃子、クリトリック・リス等とコラボしてきた。
2016年1月28日に東高円寺二万電圧にて灰野敬二 + MUSQIS
2016年2月18日にはDOMMUNEにて今回の主催である泯比沙子 + MUSQIS も予定されている。

ぼくたちいるところ(大阪)

“人生ダメ子”率いる大阪発、メンタルぶっ壊し系バンド「ぼくたちのいるところ。」 2013年に大阪で結成したノンジャンル的バンド。 自由奔放な中にパンクの姿勢が見え隠れする人生ダメ子と演奏隊それぞれ独自の世界観から産まれる一曲一曲の出来栄えは秀逸。現在はベース:下駄華緒 ギター:豊川座敷 ドラム:ふじい で構成されている。 同年、鳥肌実氏を招いて自主イベント開催、2015年には元たまの石川浩司氏を招いて自主イベントを開催するなど著名人からの支持も厚い。 また2014年から、いぬん堂での取り扱いを開始している。

opening act : 中村アリー+石原雄治+448

「正義じゃなくても君の味方!中村アリー。
今回は多くのユニットで活躍中の石原雄治(ds)と4+4=8(ba)を引き連れて、2/20(土)秋葉原グッドマンに初登場!

【出演】
泯比沙子Nasca Car
QP-CRAZY(殺害塩化ビニール)
MUSQIS
ぼくたちいるところ(大阪)
●opening act : 中村アリー+石原雄治+448

OPEN 18:00 / START 18:15
adv¥2800 /door¥3300 (+1drink order)
※学割有り(高校生以下の方は学生証提示で¥500割引)

【チケット】

※グッドマン店頭でも販売中!