アーカイブ : 2019年 10月

<ALTERNATIVE ELEKI-TOWN RUINS SPECIAL!>



<strong>RUINS</strong>(吉田達也 drums/増田隆一 bass)
元祖ドラム&ベース・デュオにしてハードコア・プログレのパイオニア。しばらく活動休止していたが、2016年から増田隆一が復帰し不定期ながら活動を再開中。


<strong>サーファーズSUN</strong>(本木利尚/上條勇一/宮原秀一)
西のボアダムス、東のサーファーズと並び称された、全てが予測不能な実験的スカムバンド・サーファーズオブロマンチカの主要メンバーによる別働隊。


<strong>痛郎</strong>(ヴァイオラ伊藤 g/井手痛郎 b.vocal/大橋義典 g/渡邉靖之 d)
1986年活動開始。プログレッシブな要素を取り入れたメロディックバンド。変拍子を得意とする。10年ぶりの活動再開ながら今後の活動予定は未定なのでこの機会に是非!


<strong>Es</strong>(高橋英昭 g,vocal /MOTOMI b,vocal/荒木康弘 dr. ex アレルギー, P−Model)
1984年結成。パンク/NO WAVE/プログレ/ジャズファンクなどの要素を包含した轟音を放出する3ピースハードロックバンド。一時休止状態にあったが、結成35周年の今年活動再開。1998年以来21年ぶりのライブとなる。

RUINS増田さんpresentsの<ALTERNATIVE ELEKI=TOWN>
正しく90年代高円寺20000voltを彷彿とさせる凄いメンツが揃いました!!!!!
当時の熱量とクレイジーさを知りたい方は是非!

RUINS増田隆一企画!全て80年代に活動を開始したバンドで、
RUINSとも交流のあるバンドを集めました。

【出演】
RUINS
(吉田達也 drums/増田隆一 bass)

★サーファーズSUN <fromサーファーズ・オブ・ロマンチカ>
(本木利尚/上條勇一/宮原秀一)

★痛郎
(ヴァイオラ伊藤 g/井手痛郎 b.vocal/大橋義典 g/渡邉靖之 d)

★Es
(高橋英昭 g,vocal /MOTOMI b,vocal/荒木康弘 dr. ex アレルギー, P−Model)

開場 18:30 / 開演 19:00
予約 ¥2500/当日¥2800(+1drink ¥600)

<深遠にして深淵なる不可思議 vol 6>




児玉哲子
山口出身のSSW。
夜が深くなり、朝焼けに空が染まる前、
静かに輝きだす歌とギター。
ミニマル~アンビエント、音響系をも彷彿させる、
孤独なサイレントフォークは、それぞれの心模様に
そっと寄り添うように語りかける。
2015年、自主制作で『RE』をリリース。
2018年、Accretionsより『Abyss』をリリース。


宍戸孝司(割礼)
ロックバンド[割礼]のヴォーカル、ギター。83年、名古屋にて「割礼ペニスケース日曜日の青年たち」結成。
当初は性急なパンク/ニューウェイヴ寄りのサウンドだったが、80年代後半から徐々に曲のテンポが落ち、ギターのフィードバックノイズや幽玄な歌をより重視したサイケデリックなサウンドに変わっていく。当時のポジティヴ・パンクやゴスバンドとの邂逅もありながらも、宍戸幸司の詩世界と歌声は一貫している。


馬頭將器(ex: Ghost, The Silence)ソロユニット
Agt, Vo : 馬頭將器  Drums: 臼井弘行  Contra bass : 守屋拓之
1984-2004 Ghost、現在はThe Silence を率いる。シカゴのDrag Cityより作品多数。ソロ作品は5枚目の新作を来春発表予定。独自のドロップオープンチューニングによるアコースティックギターワークには定評がある。本ユニットに初期不失者、初期Ghostに在籍した伝説のフリージャズドラマー臼井弘行と、後期Ghostを支えたベースプレイヤー守屋拓之を迎える。

【出演】
児玉哲子
宍戸孝司(割礼)
馬頭將器(ex: Ghost, The Silence)ソロユニット
Agt, Vo : 馬頭將器
Drums: 臼井弘行
Contra bass : 守屋拓之

開場 18:30 / 開演 19:30
予約 ¥3000/当日¥3500(+1drink ¥600)