ビイドロ presents <Ice Age Dancing>

Facebook にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]


ビイドロ


アナログフィッシュ


てあしくちびる

ビイドロが五年ぶりに打ち出す自主企画新シリーズ”Ice Age Dancing“
初回はアナログフィッシュとてあしくちびるを迎えてスリーマンで行います!

【出演】
ビイドロ
アナログフィッシュ
てあしくちびる

開場 19:00/開演19:30
前売 ¥2,800/当日¥3,300(+1drink)

【チケット販売】
イープラス 8月16日
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002166259P0030001
店頭前売り 8月16日 16:00~
グッドマンメール予約

*入場順は整列順となります。

ビイドロ
2000年から活動を開始したロックバンド。Gt/Voの青柳崇を中心にメンバーチェンジを繰り返し、
2009年に青柳、伊藤、遠藤のスリーピース編成が固まる。
異常なまでに完成された珠玉のポップスをステージで表現し続け、
自主制作をふくめ、これまでに12枚の音源をリリース。
その圧倒的な完成度で多くの音楽ラバーを虜にしてきた。
しかし、2010年に突然の活動休止を宣言。惜しまれつつも休止期間に入る。
その後、青柳、伊藤は新たなバンド「はなし」でお囃子ダブロックという新ジャンルを確立。
そんな中、ビイドロの活動を休止してから録音された名曲11曲が収録されたアルバム
「またあしたね」を2013年、音楽Podcast番組radioDTMとともにリリース。
それに反応したExT Recordingsより7インチアナログ盤「くじらの半回転」もリリース。
そして、2013年末正式に活動再開。2014年には初のワンマンライブを行う。
2015年4月にはExT Recordingsよりニューアルバム「ひろばとことば」をリリース。
Official WEB→ http://biidoro.blogspot.jp/

アナログフィッシュ
3ピースにして、2ヴォーカル+1コーラス。
唯一無比のハーモニーを響かせる、希代のロックバンド。
vo,gtr 下岡晃の世に問う社会的なリリックと、
vo,bass 佐々木健太郎の熱々な人間賛歌が、見事に交差する楽曲群と、
drs,cho 斉藤州一郎のしなやかかつファットなプレイに、やられっぱなしの諸氏多し。
Official WEB→ Analogfish.com

てあしくちびる
バイオリン×アコースティックギター×声×声
2ピースカーニバルバンド「てあしくちびる」
hiphopの肉体性と、現代詩の意欲と、童謡の親しみやすさを併せ持つ。
地方都市の閉塞感をぶった切るエッジの効いた言葉・ビート。
変則編成から練り出されるアンサンブルと、
独自のグルーヴがクセになる不協和音をまとい、
ラップと歌の境界を突っ走る。

コメント 停止中