【偏見対談】 AxSxE(NATSUMEN)編 #01


はい、いろいろありましてやっとこさ始まりました。
皆さん待望の「偏見対談AxSxE編」。
長年付き合っていても何を考えてるのか謎の部分の多いこの人。
ちなみに、対談の時に写真撮り忘れたので送ってくれと言ったら、
この写真送って来ました(笑)。

カシマ(以下 カ): 今回、オレ、挑戦なんだよね、これ。

AxSxE(以下 A): え?

カ: AxSxEをいかにしゃべらせるかっていう。

A: わははは!

カ: アセくんてインタビューとかってほんとんどないじゃん。

A: いや、昔はやってたで、BOATの時とかは。

カ: ホント?あんまりイメージないんだよね。

A: 一通りの音楽雑誌とかはやったで。

カ: そうなんだ。そういうのは断ってたのかと思ってた。

A: いや、途中くらいで「オレ、こうゆうのは向いてないなー」って気付いたんや。
でも、一個もせんとかっていうのも非協力的過ぎるやん?
だから、最後の方は、居酒屋でOKだったらやるって(笑)

カ: (笑)。飲みながらやると脱線するからね、これもそうだけど。

A: そういえば昔、一日で6~7個インタビューが入ってる時あって、
昼の1時スタートやってんけど、起きたら1時半やってん(笑)。
ヤベーってなって急いで行って。でも、一個ずれたら全部ずれるやん?
でも、1個目と2個目がたまたま知ってる人やってん。
それで、めっちゃ協力してくれて急いでやってもらって、なんとかなった。

カ: (笑)。 じゃあ、やってたんだ。
「NATSUMEN」になってからはあんまりないよね。
「セカンドライン」てフリーペーパーで1回見たけど、その時、珍しいって思ったもん。

A: 最近はほぼやってへんな。

カ: 嫌なの?

A: う~ん、嫌っていう感情までは行かへんけど・・・向いてないっていうのと・・・メンドくさい。

カ: (笑)

A: なんか、人に言いたいこととかさ・・・。

カ: ないんでしょ?言葉にあんまり出来ない様なことしか興味ないんでしょ。

A: う~ん。

カ: 説明するのとかキライじゃん。

A: うん、そうやな。でも、たまに言葉に燃えるっていうか、
片省とかスペカンで歌詞考えてる時とかは燃える、スゴイ(笑)。

カ: (笑)それは、どういうことなの。意味のないことに燃えるの?

A: うん、それは基本にあるわ、それに気づいたんやな。
多分、21世紀の初め位に。自分に自然じゃないことってしんどいやん?
雑誌のインタビューとか上手くしゃべれる人いるやん?それも才能やん。
そういうのは俺には無いって。俺はこういうヤツっていうの・・・こう。

カ: こういうヤツっていうのをあんまり言いたくないんでしょ。

A: おお、それや。よう知ってんな(笑)。

カ: 知ってるよ。オレが不思議なのは、
アセくんて、本とか映画とか、自分はこうゆうの好きっていうの全然言わないよね。

A: そう。

カ: でも、聞くと、割とそうゆうの深く観てたりすんだよね。で、好きな物いっぱいあるじゃん。
しかも、深く好きじゃない。そうゆうの話したくならないの?オレとかめちゃくちゃなるけど。

A: でも、ここ最近は話すよ。

カ: それ、エヴァンゲリオンとかでしょ(笑)。でも、好きって言ったら終わりじゃない。
例えば、オレとか、そういうの好きな人同士でいたら、酒飲みながら延々その話してるのよ、細かいところを。

A: まぁ、最近はやる様になったな。でも、昔は・・・うわっ、こんなん初めて考えてる(笑)。

カ: そうなんだ!例えば、映画観て、面白いと思って、
「オレ、この映画好きなんだよ。こうゆうところが面白かったんだよ」っていうのを人に伝えなくてもOK?

A: あ、全然OK。

カ: それが面白かったことに自分が満足してるから、それでいいってこと?

A: あぁ、違うな。ひとりの時とみんなでいる時の感覚が違うっていうか。
みんなで遊んでる時に「オレ、これ好きやねん」って言ったらマジメっぽいやん(笑)。

カ: え?別にマジメっぽくない(笑)。

A: ウソー?!(笑)。なんか、そういうのはずかしかったんかもしれんけど。

カ: なるほどね。自分のこと、あんまり知られるのが恥ずかしいのか。

A: それは基本的にあったな、子供の時から。

カ: 普通は自分のことを知ってもらいたくて話すんだよ。
実はオレ、アセくんのそこが一番スゴイと思ってんだよ。

A: ええ?うそー!

カ: ホント。そこがあまりにも、オレと正反対過ぎて。

A: ああ、なるほど。

カ: どうやって折り合いつけてんのかなって。

A: そんなこと考えたこともなかったなぁ。

・・・つづく

というワケで第一回終了です。
意外にもBOATの頃の話からスタートしました。
次回も更に掘り下げます!

NATSUMEN Official Web Site: http://natsumen.net/

コメント 停止中