タグ : こぐれみわぞう

<リンジー・クーパー・トリビュート・コンサート Lindsay Cooper Tribute Concerts>


リン
ジー・クーパー・トリビュート・コンサート

リンジー・クーパー(Henry Cow,Comus,News from Babel,The Orckestra etc )
1970年代未だ保守的だったロックの世界に
演奏家として初めてバスーンを持ち込み
作曲家としては不規則変拍子を確立
女性差別に毅然として立ち向かった元祖RIO女子リンジー・クーパー (1951-2013)
Comus, Henry Cow, Mike Oldfield, Hatfield and the North, National Health, Eggなどと演奏し、現代音楽、ジャズ、ロック、映画音楽、自由即興の間を軽やかに駆け回ったものの、90年代から多発性硬化症の闘病生活に入り、2013年に惜しくも亡くなった

そして2014年11月日本。。。小森慶子(sax, cl, b.cl, 高円寺百景)、向島ゆり子 (vn, accordion, SOLA)、こぐれみわぞう (ching-dong perc, koto, vo, ジンタらムータ)、ユミ・ハラ (pf, key, harp, vo, アルトー・ビーツ)。。。初のRIO JAPANでRIO創始者クリス・カトラーを唸らせた日本人RIO女子達。そして趣旨に賛同した男性ミュージシャンとクリス・カトラー本人も参加して、
2015年12月、元祖RIO女子リンジー・クーパーに敬意を表しHenry Cow と News from Babel のために書かれた彼女の作品を演奏します
(所属バンド名はRIO JAPAN出演時のもの)

News from Babel (リンジー・クーパー、ジーナ・パーキンス、ダグマー・クラウゼ、クリス・カトラー)はレコーディング・プロジェクトでライヴ演奏は全く行っていませんでした。そのためNews from Babelのために書かれた作品は2014年11月のロンドンでのリンジー・クーパー・メモリアル・コンサートで演奏されたのが世界初演となりました。今回はその時にも演奏されなかった曲もとりあげ、4曲が世界初演となります。


ユミ・ハラ Yumi Hara (p, harp, vo, from the Artaud Beats)


小森慶子 Keiko Komori (cl, b.cl, sax, from Koenji Hyakkei)


向島ゆり子 Yuriko Mokojima (vn, accordion, from SOLA)


こぐれみわぞう Miwazou Kogure (ching-dong perc, koto, vo, from Jinta-la-Mvta)


大熊ワタル Wataru Ohkuma (cl, b,cl, from Jinta-la-Mvta)


ナスノミツル Mitsuru Nasuno (b, from SOLA)


クリス・カトラー Chris Cutler (d, from the Artaud Beats)

小森慶子 Keiko Komori (cl, b.cl, sax, from Koenji Hyakkei)
向島ゆり子 Yuriko Mokojima (vn, accordion, from SOLA)
こぐれみわぞう Miwazou Kogure (ching-dong perc, koto, vo, from Jinta-la-Mvta)
ユミ・ハラ Yumi Hara (p, harp, vo, from the Artaud Beats)
大熊ワタル Wataru Ohkuma (cl, b,cl, from Jinta-la-Mvta)
ナスノミツル Mitsuru Nasuno (b, from SOLA)
クリス・カトラー Chris Cutler (d, from the Artaud Beats)

OPEN 19:00 / START 19:30
adv¥4,300 /door¥4,800 (+1drink order)

【チケット】
リン
ジー・クーパー・トリビュート・コンサート

※グッドマン店頭でも販売中!

<Half the Sky:Music of Lindsay Cooper~1日目~>


Halfthe Sky~一日目~
※イープラスチケット販売は11/4~
※クラブグッドマン店頭でも販売中!


Lindsay Cooper

去年も行われて、とても好評だったLindsey Cooper(Henry Cow,Comus,News from Babel,The Orckestra etc )のトリビュート・イベント、今年も前回にも増しての物凄い面子で3日間に渡り執り行われます。皆様、この機械をお見逃し無く。
※こちらは1日目となります。

リンジー・クーパー (1951-2013)が作曲したヘンリー・カウと、今やロック・イン・オポジショナーのアンセムとなった「アンノ・ミラビリス」をはじめとするニュース・フロム・ベイベルの珠玉の名曲に、今回初めてミュージック・フォー・フィルムズ (The Golddigers より) のレパートリーを加え、英ガーディアン紙2016年上半期ベストアルバムに選出された気鋭のプログレッシヴバンドKnifeworldの女性バス―ン奏者クローイ・ヘリントンを迎え、ロック・イン・オポジション フランス2016で「ベストライヴ」 「ソリッドなアンサンブルというだけではなく、まれにみる暖かさにあふれた演奏」と絶賛を博し主催者をはじめ多くの聴衆の感涙を誘ったHalf the Sky: 2015年末の初公演に続き、あの感動をふたたび…

★リンジー・クーパー (1951-2013): 
バスーン、サックス奏者、作曲家、即興演奏家。
Comus、Henry Cow、Mike Oldfield、Hatfield and the North、National Health、Egg、Mike Westbrook などと活発に活動していたが、90年代から多発性硬化症の闘病生活に入り、2013年に惜しくも他界。

★Half the Skyについて:
リンジー・クーパーが初めてHenry Cowのために書いた曲名で、ゆっくりとした中間部はティム・ホジキンソンの作。その意味は「空の半分は女性が支えている」。
2013年、リンジー・クーパーが亡くなった直後、マシュー・ワトキンスのポッドキャスト「Canterbury Sans Frontieres 国境なきカンタベリー: Episode 8」で彼女の追悼のため「Slice」のアレンジが募集された。これに応じたユミがクラヴィコードソロにアレンジ、録音し、放送される。これがユミの初のリンジー作品のアレンジ、演奏となった。
2014年、英国とイタリアで主にリンジーゆかりの人々による追悼コンサートが開催され、このとき演奏された曲のベーシックな譜面はHenry Cow 作品は主にティム・ホジキンソン、News from Babel作品はジーナ・パーキンスによって作成された。
これと前後して日本初のRIO(ロック・イン・オポジション)JAPANフェスで、RIO創始者のクリス・カトラーが「日本勢、特に女性ミュージシャンたちが素晴らしい」と激賞。このふたつの出来事にヒントを得て、ユミはリンジー作品を後期Henry CowやNews from Babelのように少なくとも半数以上が女性ミュージシャンのバンドで演奏することによりリンジー・クーパーとその作品に敬意を表することに思い至った。
このプロジェクトのためユミは2014年に作成された譜面を完全に書き直し、2014年には演奏されなかった曲も譜面に起こし、2015年末にコンサートのタイトルをHalf the Skyとして大阪、名古屋、東京でリンジー・クーパー・トリビュート・コンサートを開催した。
その成功を受けてRIO フランス2016に招聘されたが、この時よりKnifeworld, Chrome Hoofのバスーン奏者クローイ・ヘリントンが参加し、コンサートのタイトルであったHalf the Skyは正式にバンドの名称となった。

★演奏曲目について:
主にリンジー・クーパーがHenry Cowと News from Babelのために書いた作品と、今回初めてMusic for Films (The Golddiggersより)の曲も演奏予定。

★オープニングについて: 
清水一登氏をゲストに招き、初日は「みわぞうsingsブレヒト」、そして2日目と最終日はピアノ音色とオルガン音色が共存することの多いカンタベリー系名曲の数々をユミとのデュオを軸に他のメンバーも加わって日替わりで演奏する

★詳細アップデートは:
facebook
blog(日本語)

公式サイト(英語)

about-logo-img

【出演】
ユミ・ハラ Yumi Hara (編曲, p, key, harp, vo, from The Artaud Beats, you me & us, etc)
こぐれみわぞう Miwazow Kogure (チンドン、箏、vo, from CICALA-MVTA, etc)
クローイ・ヘリントン Chlöe Herrington (bassoon, s,sax, from Knifeworld, etc)
大熊ワタル Wataru Ohkuma (a.sax, cl, from CICALA-MVTA, etc)
ナスノミツル Mitsuru Nasuno (b., from 是巨人、Altered States, etc)
クリス・カトラー Chris Cutler (dr, from Henry Cow, News from Babel, The Artaud Beats, you me & us, etc)
スペシャルゲスト:清水一登(key, vo)

日替わりオープニング:
11月30日 <みわぞうsings ブレヒト> こぐれみわぞう、大熊ワタル、清水一登

開場/開演 19:00 / 19:30
前売/当日 ¥4,300 / ¥4,800

【チケット販売】
Halfthe Sky~一日目~
※イープラスチケット販売は11/4~
※クラブグッドマン店頭でも販売中!

【メール予約】

<Half the Sky:Music of Lindsay Cooper~2日目~>


Halfthe Sky~2日目~
※イープラスチケット販売は11/4~
※クラブグッドマン店頭でも販売中!
half-the-sky-for-goodman-1

Lindsay Cooper

去年も行われて、とても好評だったLindsey Cooper(Henry Cow,Comus,News from Babel,The Orckestra etc )のトリビュート・イベント、今年も前回にも増しての物凄い面子で3日間に渡り執り行われます。皆様、この機械をお見逃し無く。
※こちらは2日目となります。

リンジー・クーパー (1951-2013)が作曲したヘンリー・カウと、今やロック・イン・オポジショナーのアンセムとなった「アンノ・ミラビリス」をはじめとするニュース・フロム・ベイベルの珠玉の名曲に、今回初めてミュージック・フォー・フィルムズ (The Golddigers より) のレパートリーを加え、英ガーディアン紙2016年上半期ベストアルバムに選出された気鋭のプログレッシヴバンドKnifeworldの女性バス―ン奏者クローイ・ヘリントンを迎え、ロック・イン・オポジション フランス2016で「ベストライヴ」 「ソリッドなアンサンブルというだけではなく、まれにみる暖かさにあふれた演奏」と絶賛を博し主催者をはじめ多くの聴衆の感涙を誘ったHalf the Sky: 2015年末の初公演に続き、あの感動をふたたび…

★リンジー・クーパー (1951-2013): 
バスーン、サックス奏者、作曲家、即興演奏家。
Comus、Henry Cow、Mike Oldfield、Hatfield and the North、National Health、Egg、Mike Westbrook などと活発に活動していたが、90年代から多発性硬化症の闘病生活に入り、2013年に惜しくも他界。

★Half the Skyについて:
リンジー・クーパーが初めてHenry Cowのために書いた曲名で、ゆっくりとした中間部はティム・ホジキンソンの作。その意味は「空の半分は女性が支えている」。
2013年、リンジー・クーパーが亡くなった直後、マシュー・ワトキンスのポッドキャスト「Canterbury Sans Frontieres 国境なきカンタベリー: Episode 8」で彼女の追悼のため「Slice」のアレンジが募集された。これに応じたユミがクラヴィコードソロにアレンジ、録音し、放送される。これがユミの初のリンジー作品のアレンジ、演奏となった。
2014年、英国とイタリアで主にリンジーゆかりの人々による追悼コンサートが開催され、このとき演奏された曲のベーシックな譜面はHenry Cow 作品は主にティム・ホジキンソン、News from Babel作品はジーナ・パーキンスによって作成された。
これと前後して日本初のRIO(ロック・イン・オポジション)JAPANフェスで、RIO創始者のクリス・カトラーが「日本勢、特に女性ミュージシャンたちが素晴らしい」と激賞。このふたつの出来事にヒントを得て、ユミはリンジー作品を後期Henry CowやNews from Babelのように少なくとも半数以上が女性ミュージシャンのバンドで演奏することによりリンジー・クーパーとその作品に敬意を表することに思い至った。
このプロジェクトのためユミは2014年に作成された譜面を完全に書き直し、2014年には演奏されなかった曲も譜面に起こし、2015年末にコンサートのタイトルをHalf the Skyとして大阪、名古屋、東京でリンジー・クーパー・トリビュート・コンサートを開催した。
その成功を受けてRIO フランス2016に招聘されたが、この時よりKnifeworld, Chrome Hoofのバスーン奏者クローイ・ヘリントンが参加し、コンサートのタイトルであったHalf the Skyは正式にバンドの名称となった。

★演奏曲目について:
主にリンジー・クーパーがHenry Cowと News from Babelのために書いた作品と、今回初めてMusic for Films (The Golddiggersより)の曲も演奏予定。

★オープニングについて: 
清水一登氏をゲストに招き、初日は「みわぞうsingsブレヒト」、そして2日目と最終日はピアノ音色とオルガン音色が共存することの多いカンタベリー系名曲の数々をユミとのデュオを軸に他のメンバーも加わって日替わりで演奏する

★詳細アップデートは:
facebook
blog(日本語)

公式サイト(英語)

about-logo-img

【出演】
ユミ・ハラ Yumi Hara (編曲, p, key, harp, vo, from The Artaud Beats, you me & us, etc)
こぐれみわぞう Miwazow Kogure (チンドン、箏、vo, from CICALA-MVTA, etc)
クローイ・ヘリントン Chlöe Herrington (bassoon, s,sax, from Knifeworld, etc)
大熊ワタル Wataru Ohkuma (a.sax, cl, from CICALA-MVTA, etc)
ナスノミツル Mitsuru Nasuno (b., from 是巨人、Altered States, etc)
クリス・カトラー Chris Cutler (dr, from Henry Cow, News from Babel, The Artaud Beats, you me & us, etc)
スペシャルゲスト:清水一登(key, vo)

日替わりオープニング:12月1日 <カンタベリー名曲集 part 1> ユミ・ハラ&清水一登 + members of Half the Sky

開場/開演 19:00 / 19:30
前売/当日 ¥4,300 / ¥4,800

【チケット販売】
Halfthe Sky~2日目~
※イープラスチケット販売は11/4~
※クラブグッドマン店頭でも販売中!

【メール予約】

<Half the Sky:Music of Lindsay Cooper~3日目~>


Halfthe Sky~3日目~
※イープラスチケット販売は11/4~
※クラブグッドマン店頭でも販売中!
half-the-sky-for-goodman-2

Lindsay Cooper

去年も行われて、とても好評だったLindsey Cooper(Henry Cow,Comus,News from Babel,The Orckestra etc )のトリビュート・イベント、今年も前回にも増しての物凄い面子で3日間に渡り執り行われます。皆様、この機械をお見逃し無く。
※こちらは最終日3日目です。

リンジー・クーパー (1951-2013)が作曲したヘンリー・カウと、今やロック・イン・オポジショナーのアンセムとなった「アンノ・ミラビリス」をはじめとするニュース・フロム・ベイベルの珠玉の名曲に、今回初めてミュージック・フォー・フィルムズ (The Golddigers より) のレパートリーを加え、英ガーディアン紙2016年上半期ベストアルバムに選出された気鋭のプログレッシヴバンドKnifeworldの女性バス―ン奏者クローイ・ヘリントンを迎え、ロック・イン・オポジション フランス2016で「ベストライヴ」 「ソリッドなアンサンブルというだけではなく、まれにみる暖かさにあふれた演奏」と絶賛を博し主催者をはじめ多くの聴衆の感涙を誘ったHalf the Sky: 2015年末の初公演に続き、あの感動をふたたび…

★リンジー・クーパー (1951-2013): 
バスーン、サックス奏者、作曲家、即興演奏家。
Comus、Henry Cow、Mike Oldfield、Hatfield and the North、National Health、Egg、Mike Westbrook などと活発に活動していたが、90年代から多発性硬化症の闘病生活に入り、2013年に惜しくも他界。

★Half the Skyについて:
リンジー・クーパーが初めてHenry Cowのために書いた曲名で、ゆっくりとした中間部はティム・ホジキンソンの作。その意味は「空の半分は女性が支えている」。
2013年、リンジー・クーパーが亡くなった直後、マシュー・ワトキンスのポッドキャスト「Canterbury Sans Frontieres 国境なきカンタベリー: Episode 8」で彼女の追悼のため「Slice」のアレンジが募集された。これに応じたユミがクラヴィコードソロにアレンジ、録音し、放送される。これがユミの初のリンジー作品のアレンジ、演奏となった。
2014年、英国とイタリアで主にリンジーゆかりの人々による追悼コンサートが開催され、このとき演奏された曲のベーシックな譜面はHenry Cow 作品は主にティム・ホジキンソン、News from Babel作品はジーナ・パーキンスによって作成された。
これと前後して日本初のRIO(ロック・イン・オポジション)JAPANフェスで、RIO創始者のクリス・カトラーが「日本勢、特に女性ミュージシャンたちが素晴らしい」と激賞。このふたつの出来事にヒントを得て、ユミはリンジー作品を後期Henry CowやNews from Babelのように少なくとも半数以上が女性ミュージシャンのバンドで演奏することによりリンジー・クーパーとその作品に敬意を表することに思い至った。
このプロジェクトのためユミは2014年に作成された譜面を完全に書き直し、2014年には演奏されなかった曲も譜面に起こし、2015年末にコンサートのタイトルをHalf the Skyとして大阪、名古屋、東京でリンジー・クーパー・トリビュート・コンサートを開催した。
その成功を受けてRIO フランス2016に招聘されたが、この時よりKnifeworld, Chrome Hoofのバスーン奏者クローイ・ヘリントンが参加し、コンサートのタイトルであったHalf the Skyは正式にバンドの名称となった。

★演奏曲目について:
主にリンジー・クーパーがHenry Cowと News from Babelのために書いた作品と、今回初めてMusic for Films (The Golddiggersより)の曲も演奏予定。

★オープニングについて: 
清水一登氏をゲストに招き、初日は「みわぞうsingsブレヒト」、そして2日目と最終日はピアノ音色とオルガン音色が共存することの多いカンタベリー系名曲の数々をユミとのデュオを軸に他のメンバーも加わって日替わりで演奏する

★詳細アップデートは:
facebook
blog(日本語)

公式サイト(英語)

about-logo-img

【出演】
ユミ・ハラ Yumi Hara (編曲, p, key, harp, vo, from The Artaud Beats, you me & us, etc)
こぐれみわぞう Miwazow Kogure (チンドン、箏、vo, from CICALA-MVTA, etc)
クローイ・ヘリントン Chlöe Herrington (bassoon, s,sax, from Knifeworld, etc)
大熊ワタル Wataru Ohkuma (a.sax, cl, from CICALA-MVTA, etc)
ナスノミツル Mitsuru Nasuno (b., from 是巨人、Altered States, etc)
クリス・カトラー Chris Cutler (dr, from Henry Cow, News from Babel, The Artaud Beats, you me & us, etc)
スペシャルゲスト:清水一登(key, vo)

日替わりオープニング:12月2日 <カンタベリー名曲集 part 2> ユミ・ハラ&清水一登 + members of Half the Sky

開場/開演 19:00 / 19:30
前売/当日 ¥4,300 / ¥4,800

【チケット販売】
Halfthe Sky~3日目~
※イープラスチケット販売は11/4~
※クラブグッドマン店頭でも販売中!

【メール予約】

CLUB GOODMAN 21st Anniversary <クレズマー meets チンドンwith a special guest FRANK LONDON フランク・ロンドン東京公演!>


*ペア割、学割ご希望の方はその旨ご記入下さい。

クレズマー meets チンドン
※学割、ペア割の予約受付はグッドマンのメール予約のみとなっております。
イープラスでご購入頂いたチケットでの割り引きは出来ませんのでご了承下さい。


フランク・ロンドン/FRANK LONDON


ジンタらムータ/Jinta-la-Mvta

移民の旋律クレズマー、ワールドブラス、そしてもちろん現在形JAZZ★ROCK!
ボーダーレスに世界の音楽を熱くハグするVIP
フランク・ロンドン(tp)待望の再来日!
迎えるはチンドン・クレズマーで欧米を狂喜させたジンタらムータ!
混迷の21世紀に捧げるチンドンとクレズマーの新たなケミストリー‼

【プロフィール】
フランク・ロンドン/FRANK LONDON(trumpet, composer)
1980年代以降、世界的に話題となった東欧ユダヤ系民衆音楽クレズマー(Klezmer)リヴァイヴァルの代表的なバンド・クレズマティックス(The Klezmatics)の設立メンバーで、現代クレズマー最重要人物の一人。クレズマティックスは、数あるリバイバルバンドの中でも、他ジャンルとのミクスチャーへの意欲的アプローチ、性的少数者との連帯等、80年代NYダウンタウンシーンの出自ならではの傑出した越境的ダイナミズムで知られ、ウディ・ガスリーをテーマにした2006年の“Wonder Wheel”でグラミー賞を受賞。また自らのプロジェクトKlezmer Brass Allstars、Hasidic New Waveの他、最近はハンガリーのフォーク音楽とも交流を深めGlass House Orchestra設立、伝説的グループMuzsikásとも共演し、ハンガリー政府から勲章を授与された。オープンな人柄と大胆で自由な音楽性が愛され、クレズマーにとどまらず、ワールドブラスの仕掛け人としても大活躍。
共演相手はジョン・ゾーン、レスター・ボウイ、ラモンテ・ヤング、デビッド・バーン、マーク・リボー、ベン・フォールズ5、ガル・コスタ等多数。

ジンタらムータ/Jinta-la-Mvta
 シカラムータの大熊ワタル(clarinet,etc)、こぐれみわぞう(チンドン太鼓、vo)を中心とするユニット。80年代末からチンドンと共にクレズマー、バルカン音楽に触発され、世界の街頭音楽とチンドンのハイブリッドに貪欲に挑んできた。2015年ニューヨーク最古のイディッシュ(東欧ユダヤ文化)劇場の100周年祭Kulturfest NYCに、非ユダヤ系・アジアから唯一参加し熱狂的に迎えられた。2016年はドイツのユダヤ映画祭、カナダのKlezKanada、アシュケナージ・フェスティバル(北米最大級のクレズマーフェス)にも招聘され、いずれも大好評を博した。

主催:【フランク・ロンドン招聘委員会】

【出演】 フランク・ロンドン(tp)withジンタらムータ
(大熊ワタル:cla、こぐれみわぞう:チンドン,vo、佐藤芳明:acc、ギデオン・ジュークス:tuba、ふーちん:ds)
ゲスト:梅津和時(reeds)、巻上公一(vo)、関島岳郎(tuba) / 他

開場 19:00 / 開演 19:30
予約 ¥4,500/当日¥5,000(+1drink)
学割 ¥3,500/ペア割 ¥8,000 (別途+ドリンクチャージ)

【チケット購入】
クレズマー meets チンドン
※学割、ペア割の予約受付はグッドマンのメール予約のみとなっております。
イープラスでご購入頂いたチケットでの割り引きは出来ませんのでご了承下さい。

【メール予約】

*ペア割、学割ご希望の方はその旨ご記入下さい。