タグ : 大野由美子

<マニ・ノイマイヤー(GURU GURU)JAPAN TOUR2015 クラブグッドマン編>



マニ・ノイマイヤー(GURU GURU,MANITATSU)


大野由美子(Buffalo Daughter)


内橋和久(アルタードステイツ,超即興)


吉田達也(RUINS alone,MANITATSU,超即興)

グッドマンでは、毎年恒例になってまいりました。マニさん(GURU GURU)のJAPAN TOURです。
2015のマニさんツアー、グッドマン編では、オーガナイザーが内橋さんとなって、なんとバッファロードーターの大野由美子さんと吉田達也さんをブッキング!これは今までにない組み合わせです!今のところ、それぞれのソロ、MANITATSU(マニ・ノイマイヤー+吉田達也)、超即興(内橋和久+吉田達也)、マニ内橋(マニ・ノイマイヤー+内橋和久)などの演奏が考えられますが、ここに大野由美子さんがどう絡んでくるかというのが今回の見所ですね~。是非、この機会にマニさんのドラムにまだ触れた事のない若い音楽ファンの皆さんにもご来場頂きたいところです!!!


MANITATSU(マニ・ノイマイヤー+吉田達也)

【出演】
マニ・ノイマイヤー(GURU GURU,MANITATSU)
大野由美子(Buffalo Daughter)
内橋和久(アルタードステイツ,超即興)
吉田達也(RUINS alone,MANITATSU,超即興)

開場 19:00 / 開演 19:30
前売¥2500 / 当日¥3000(+1drink)

【チケット】

※グッドマン店頭でも販売中!!

2015年3月9日<マニ・ノイマイヤー(GURU GURU)JAPAN TOUR2015 クラブグッドマン編>ライブレポート

1.超即興(内橋和久×吉田達也)
2.内橋和久×吉田達×大野由美子
3.MANITATSU(マニ・ノイマイヤー×吉田達也)
~休憩~
4.マニ・ノイマイヤー×内橋和久
5.マニ・ノイマイヤー×内橋和久×大野由美子
6.全員セッション

当日の模様はこちら!!


毎年、渡り鳥の様にこの季節になると日本へやって来てくれるマニさん。
グッドマンでは例年通りですとACID MOTHERS GURU GURUをメインにした
「GURU GURU祭り」が行われるのですが、今年は趣向を変えて
内橋和久さんと吉田達也さんがオーガナイザーとなるマニさん祭り。
このお二人にバッファロードーターのベーシスト大野由美子さんが加わっての大セッション大会!

まずは、オーガナイザーのおふたりによる“超即興”からのスタート。
初手から超ハイテンションで飛ばすいつもの超即興節全開のステージで、
観てるこちらのテンションも激上がりであります。

そして、この流れのまま、ここに大野由美子さんが加わって第2セットへ。
このセットでは大野さんはベースのみのプレイ。
ショートカットの応酬の超即興からかなりグルービーな展開へ。

内橋さんと大野さんが一度はけて、ここで本日、初めてマニさんが登場。
吉田さんとのユニット“MANITATSU”の演奏。
MANITATSUは「GURUGURU祭り」でも必ず行う言わばお家芸。
毎年、これを目当てに来場される方もいらっしゃる事でしょう。
通常は1台のドラムセットをマニさんと吉田さんで叩き合うのですが、
今回はグッドマンならでは。ドラムセットを2台用意しての特別版!
(これ、実はよそではあまり観られないんですよ。)
まずは、ツインドラムでのセッション。このセッションだけでもかなりの凄まじさなんですが、
しばらくすると吉田さんがマニさんの方のドラムにちょっかいを出し始め1台をふたりで。
マニさんが吉田さんのドラムの方へ逃げてとちょっと笑える展開。
そして、マニさんが大きな袋を持ち出して来てその中身をステージの床にブチまけます。
中身はマニさんがドイツから持って来た金属性のお皿たち。
これがジャワワーンと音を立てて床に散らばったと同時におふたりがそれをスティックで叩き始める。
そうするとこれが素晴らしい音楽になるワケです!
MANITATSUはホント何度観ても楽しいので、皆さん是非一度は生でご体験下さい。

ここで、一度休憩を入れて、後半戦は、マニさんと内橋さんのデュオからスタート。
おふたり共、そうとうアグレッシブな演奏で、この日、一番ロック色の強いセットだったんじゃないでしょうか。
失礼かもしれませんが、マニさん、恐らく60はゆうに超えておられるお年の筈ですが、
ホントにドラミングが力強い!音もそうとう大きいです。

そして、ここにそのまま大野さんがアナログシンセで合流して演奏はサイケな方向へ。
宇宙的な広がりのあるサウンドからセッション後半は内橋さんがカッティングを多用し出すと
大野さんがベースに持ち替え、スペーシーなファンクへ。
この辺、全盛期のGURU GURUを彷彿とさせてかなり上がりました!

ノリノリのままこのセットが終了して、最後は全員参加のセッション。
ツインドラムにギターとアナログシンセからスタートして途中、
また大野さんがベースに持ち替えたタイミングで、今回は民族的なノリを感じるダンサブルな展開。
ダンスビートとは言え、ドラムが2台あるのでポリリズミックで複雑なリズム。
でも踊れるっていう。ここら辺、大野由美子さんのさすがバッファロードーター
って感じのダンスグルーブがかなり要になっていたのではないでしょうか。
身体全体がつつみこまれる様な感覚でいつまでも聴いていられるセッションでした。

ミニマルな反復グルーブになって全員でのセッションは終了したのですが、
この気持の良いグルーブをもっとくれ!ってことで当然アンコールが掛かります。
内橋さんのトリッキーなギターカッティングから始まって、そこに呼応する様な大野さんのシンセ。
マニさんと吉田さんのドラムは割りと抑え目の展開。
曲がまとまりそうでまとまらないと言うか、まとまりそうななると誰かが外すって感じでしょうか。
5分位の短いセッションでしたが、4人の応酬がガチッと絡んだ習慣に演奏がストップ!
凄かったです。音で遊んでるのを見てる間に曲が出来上がっていきカタルシスがやってきたと思ったら
ジャン!という感じで終了。短いセッションだった分、ホントに魔法を見てる様でした。

というワケでグッドマンでのマニさん祭り2015は終了したのですが、
こういった世界最高峰クラスの音楽体験がアキバごときで出来るんですから、
ホントに来ない手はないですよ。
マニさん祭り2016でお待ちしております。

(ブッキングマネージャー 鹿島)

<SaxophoneDaxophoneレコ発スペシャル カタリーナ・アーンスト来日公演>

SaxophoneDaxophone(広瀬淳二&内橋和久)遅ればせながらレコ発スペシャル!!
ウィーンで最も注目されている若手美人ドラマー カタリーナ・アーンスト来日公演!!!
スペシャルゲスト 大野由美子(バッファロードーター)!!!!!


カタリーナ・アーンスト(from:ウィーン)
百年の伝統を誇るベルリンの大劇場、はたまたフランス郊外の駐車場から、ソウルの隠れ家的アンダーグラウンドスペース、あるいはドナウ河沿いの廃墟跡…ミュージシャン、パフォーマー、アクトレスとしてのカタリーナ・アーンストはその活動フィールドを拡張し続けている。Burkhard Stangl、Dieb 13(Austria)、eRikm (France)、内橋和久といった即興演奏家との共演、路上演劇グループ「La Compagnie LucAmoros」、コンテンポラリーダンス集団「Chicks On Speed」、前衛演劇の「Toxic Dreams」などへの参加、またペーター・クティンらとのライブ・テクノバンド「VENTIL」の進撃など、その活躍は目覚ましい。 ウィーン芸術アカデミーでファインアートを修了、恵まれた身体と表現力で声や身体表現の探求を並行しつつ、9歳から続けるドラムにおいては、ポリリズム、ポリ・メトリカル、奇天烈でカオティックなストラクチャーが最近の傾向。


内橋和久(SaxophoneDaxophone)


広瀬淳二(SaxophoneDaxophone)


内橋和久+広瀬淳二/saxophonedaxophone
2011年に享年62歳で亡くなったドイツのギタリスト・ハンス・ライヒェル。彼が考案した、世界でも最も奇天烈な楽器がダクソフォンです。様々な形に切り出された「タング」と言われる数百種類の木材を専用の台に固定し、叩いたり擦ったりして無限のサウンドを作り出します。動物の鳴き声のような音、人のしゃべり声やうめき声のような音、パーカッションのような音等々、演者のセンスが如実に現れる楽器とも言えましょう。ハンスがこの自作楽器の演奏を許可したミュージシャンは世界に数人。そのうちの一人で日本で唯一のダクソフォン奏者が内橋和久です。細野晴臣氏が内橋のダクソフォン・プレイを大変面白がってコンサートやDVDで共演したのを観た方も数多いと思います。 さてこのCDは、内橋がダクソフォンと共演して最も面白いサウンドは何かを追求した結論でもあります。彼が共演者に選んだのはサックス奏者の広瀬淳二でした。元々は富樫雅彦のグループや初期渋さ知らズ、藤川義明イースタシア・オーケストラ等で独自の奏法を披露してきた広瀬のサックスの音は世界でもトップクラスのサウンドとも言えるでしょう。二人の作り出すサウンドは狂気とユーモアに満ちあふれ、引き寄せ合い、突き放し、テレパシックに反応してゆくその様は最高です。二つのライブから厳選された珠玉の”saxophone + daxophone”をお楽しみください!


スペシャルゲスト大野由美子(ベース、ムーグ/Buffalo Daughter)

【出演】
○SaxophoneDaxophone 広瀬淳二(Saxophone)×内橋和久(Daxophone)
カタリーナ・アーンスト+内橋和久デュオ
○スペシャルゲスト大野由美子(ベース、ムーグ/Buffalo Daughter)

OPEN 19:00 / START 19:30
adv ¥2500 /door ¥2500 (+1drink order)

【チケット】

※グッドマン店頭でも販売中!