タグ : Nasca Car

<RUMBLING OF THE GROUND(屍物語)vol.2>


泯比沙子Nasca Car


泯比沙子
・1983年5月ー即興ノイズユニット T.S.Nのステージに飛び入り参加でデビュー。
T.S.N with特殊学級と名乗り福岡を賑わす。
・1983年8月ーライブ中に蝉を食べたことが地元の新聞に掲載され、目立ちすぎるとの理由で解雇。
・1985年4月ー泯比沙子withTENーNOとして初の東京ライブを渋谷東横劇場で行う。
・1985年5月ー泯比沙子withクリナメン結成。福岡ビブレホールで初ライブ。
・1985年9月ー都立家政スーパーロフトでのライブの模様が講談社フライデーに掲載。
・1985年末までは過激なライブパフォーマンスから「博多の狂乱娘」と称され多くのマスコミから取り上げられる。
・1986年6月-1stミニアルバム「LOVE&WAR」をキャプテンレコードよりリリース。全国各地で精力的にライブ活動を行う。
・1986年11月-イベント「子どもたちのcity」参加。
・1987年2月-オムニバス「子どもたちのcity」がアポロン音楽工業よりリリース。
・「子どもたちのcityツアー」に参加。
・1987年5月-シングル「世界によろしく」をナゴムレコードよりリリース。
・1987年11月-メジャー1st「猿の宝石」をアポロン音楽工業よりリリース。
・1988年3月-若すぎたという理由でプロモーション期間中に解散表明。新宿ロフトで解散ライブ。
・2001年5月-MIN13として福岡でライブ活動開始。
・2002年2月-活動休止。
・以降不定期でソロ活動。
・2012年9月-泯比沙子&島流しとして全て新曲で活動開始。
・現在休止中。
・2015年7月-非常階段featuring泯比沙子として新宿URGAでライブ。
・2015年11月-泯比沙子+Nasca Carとして自主企画イベント「RMBLING OF THE GRUND(屍物語)vol.1」(kito-mizukumi rouber、蛸地蔵)を東高円寺UFO CLUBで開催。
同時進行でDOMMUNE「泯比沙子の死んじゃったって愛してるって言ってくれ(屍物語)」生配信中。
・2016年2月-秋葉原GOODMANにて「RMBLING OF THE GRUND(屍物語)vol.2」開催予定。(よろしくお願いしまm(__)m)

Nasca Car
1994年大阪にて結成
1997年ファーストアルバム「電波潮流」発売
1999年セカンドアルバム「電子水母」発売
2002年サードアルバム「Nasca Car」発売。
2013年「最新録音盤」発売。他コンピレーション、リミックス多数。活動初期からディープ・パープル並のメンバーチェンジを延々繰り返しつつ未だ活動継続中。21世紀に入ってからはメンバーが東京在住メンバーと大阪在住メンバーが混在してしまったので、よりその実体がつかみにくいモノになっている。中心人物である中屋浩市は、アルケミーレコードの製作&販売スタッフとして、「非常階段」「初音階段」&「初音オーケン階段」「戸川階段』などその他の派生ユニットに参加して翌日も出演予定。今回も泯比沙子のサポートとしてナスカ・カー東京チーム(Gt:須藤俊明 Sax 長谷川マヒマヒDr 一色涼子)が絡むというスペシャル仕様です。

QP-CRAZY(殺害塩化ビニール)

QP-CRAZY(キューピークレイジー)は、ハイテクノロジースーサイド解散後にザ・クレイジーSKBを中心に組んだバンド。所属レーベルは殺害塩化ビニール。
1994年から活動開始。(中略)現在に至る。http://nikkan-spa.jp/776696
■DEADLY SCREAMER■
「ザ・クレイジーSKB」
■CAMOUFLAGE GUITAR■
「KURA」
■SNIPER GUITAR■
「MOTTY」
■WC BASS■
「ツージーQ」
■SEX PERVERT DRUMS■
「ダンディー*ムー」

MUSQIS

MUSQISは、マルチ・インストゥルメンタリスト野口英律のソロ活動から発展したトリッキーなアンサンブルを奏でる男女混合不定形のエクスペリメンタル・ロック・バンド。2009年頃から活動を始め、これまでに二宮友和(eastern youth)や、ダモ鈴木(ex-CAN)、映像作家の中山晃子、クリトリック・リス等とコラボしてきた。
2016年1月28日に東高円寺二万電圧にて灰野敬二 + MUSQIS
2016年2月18日にはDOMMUNEにて今回の主催である泯比沙子 + MUSQIS も予定されている。

ぼくたちいるところ(大阪)

“人生ダメ子”率いる大阪発、メンタルぶっ壊し系バンド「ぼくたちのいるところ。」 2013年に大阪で結成したノンジャンル的バンド。 自由奔放な中にパンクの姿勢が見え隠れする人生ダメ子と演奏隊それぞれ独自の世界観から産まれる一曲一曲の出来栄えは秀逸。現在はベース:下駄華緒 ギター:豊川座敷 ドラム:ふじい で構成されている。 同年、鳥肌実氏を招いて自主イベント開催、2015年には元たまの石川浩司氏を招いて自主イベントを開催するなど著名人からの支持も厚い。 また2014年から、いぬん堂での取り扱いを開始している。

opening act : 中村アリー+石原雄治+448

「正義じゃなくても君の味方!中村アリー。
今回は多くのユニットで活躍中の石原雄治(ds)と4+4=8(ba)を引き連れて、2/20(土)秋葉原グッドマンに初登場!

【出演】
泯比沙子Nasca Car
QP-CRAZY(殺害塩化ビニール)
MUSQIS
ぼくたちいるところ(大阪)
●opening act : 中村アリー+石原雄治+448

OPEN 18:00 / START 18:15
adv¥2800 /door¥3300 (+1drink order)
※学割有り(高校生以下の方は学生証提示で¥500割引)

【チケット】

※グッドマン店頭でも販売中!

クラブグッドマン20周年記念公演 <RUMBLING GROUND(屍物語)vol.3>






泯比沙子+Nasca Car+ドラびでお


プンクボイ


高品格


ゲルチュチュ

ex:ミン&クリナメンの泯比沙子による主催イベント”RUMBLING GROUND(屍物語)”の第3弾。
今回は、Nasca Carに加え、ドラびでお共コラボするスペシャル回!!!!!
ゲストバンドもツワモノ揃い。皆様是非是非。

【出演】
泯比沙子+Nasca Car+ドラびでお
プンクボイ
高品格
ゲルチュチュ

OPEN 18:00 / START 18:30
adv¥2,800 /door¥3,300 (+1drink order)

【チケット】

※グッドマン店頭でも販売中!

クラブグッドマン20周年記念公演<Shit Associated Music vol.3後編>


▲ 9/18(後編)一日券をお求めの方はこちら
ShitAssociated Music3 (9/18券)
▲ 9/18(後編)一日券を(イープラスで)お求めの方はこちら

▲ 9/17~18 2日間通し券をお求めの方はこちら
Shit Associated Music3 (2日間通し券)
▲ 9/17~18 2日間通し券を(イープラスで)お求めの方はこちら


Shit Associated Music vol.3




【出演】
漁港
ボギー
プンクボイ
PIGMEN
itoken
panaquonpe
ハズレッシヴ
箱庭の室内楽
SSQ
Nasca Car
THEマニラ帰り
MUSIC FROM THE MARS

クソ音楽の祭典後編。
更に数が増えております。ヤバイす。

OPEN 13:30 / START 14:00
adv¥2,800 /door¥3,300 (+1drink order)
2日間通し券 ¥4,000 (+1drink order)

【チケット】
ShitAssociated Music3 (9/18券)
▲ 9/18(後編)一日券を(イープラスで)お求めの方はこちら

▲ 9/18(後編)一日券をお求めの方はこちら
Shit Associated Music3 (2日間通し券)
▲ 9/17~18 2日間通し券を(イープラスで)お求めの方はこちら

▲ 9/17~18 2日間通し券をお求めの方はこちら
※グッドマン店頭でも販売中!